「デリケートゾーンの臭いの原因はどうやらすそわきがの可能性が高い」「自分でも気になるし、周囲の人たちに臭いと思われたくない」 薄着の季節になると、臭いの問題はより深刻になり、このような悩みを持つ女性が増えてきます。すそわきがの臭い対策には、何が効果的なのでしょうか?

すそわきがの症状と原因は?

エクリン腺は唇以外のほぼ全身に300~400万個分布していると言われてる。と女医が解説

エクリン腺は唇以外のほぼ全身に300~400万個分布していると言われてる。と女医が解説

すそわきがを解決する為には、デリケートゾーンの臭いがすそわきがの臭いなのか、他の原因によるものなのかを確認、原因に合わせた対策が必要です。

すそわきがって?

すそわきがは腋臭症のうちの一つの症状です。腋臭症は聞きなれない言葉かもしれませんが、脇の臭いもワキガと言われる腋臭症のうちの一つの症状です。
ワキガの臭いはなぜ発生するのでしょうか?

すそわきがの原因は?

ワキガ(腋臭症)の臭いの原因は、アポクリン腺という通常の汗とは違う汗腺から分泌される汗です。アポクリン腺とエクリン腺という2つの汗腺の特徴を確認しておきましょう。

エクリン腺について

エクリン腺とは

通常の汗は、エクリン腺という汗腺から分泌される汗です。エクリン汗腺は唇以外のほぼ全身に分布していて、休止している汗腺も含めると、約300~400万個もあります。そして皮膚表面の体温調節の為、気温が上がったり、運動をしたりしたときに、体温の上昇を抑えるために分泌されます。
エクリン腺から分泌される汗の99パーセント以上は水分ですが、ナトリウムイオン、黒ライドイオン、尿素、尿酸、アンモニア、アミノ酸、グルコース、乳酸も含まれています。このように水以外の成分も含まれて入るのですが、皮膚表面の開口部分から分泌されるので、空気に触れるまでは無色無臭です。
もちろん、分泌された汗が、皮脂や空気中の汚れと混ざると、皮膚表面の常在菌によって分解され、汗臭い臭いを発生させますが、ワキガ(腋臭症)の臭いとは異なります。

アポクリン腺について

アポクリン腺が多い部位は、ワキ、乳輪、外耳道、鼻の脇と鼻の入り口下部分、お臍の周り、デリケートゾーン(外陰部と肛門の周り)だと解説

アポクリン腺が多い部位は、ワキ、乳輪、外耳道、鼻の脇と鼻の入り口下部分、お臍の周り、デリケートゾーン(外陰部と肛門の周り)だと解説

ワキガの臭いを発生させるアポクリン腺からの汗は情緒的な刺激を受けると分泌されます。そしてアポクリン腺はエクリン腺よりも太い為、エクリン腺からの汗より量が多く、持続的に発汗します。アポクリン線から分泌される汗には、エクリン腺に含まれている成分に加えて、脂質とタンパク質も含まれています。これらの成分が皮膚表面に存在する常在菌によって分解され臭いを発生させることはエクリン腺の汗と同じです。しかしアポクリン腺から分泌される汗に含まれる脂質が常在菌に分解されると、低級脂肪酸が作られてしまいます。この低級脂肪酸がワキガ独特の臭いを発生させるのです。
また、エクリン腺からのさらさらした汗とは違い、粘り気があり、黄色がかった色をしている為、衣類に黄色いシミを作ることがあります。
アポクリン腺が存在する部位は、ワキ、乳輪、外耳道(耳の入り口から鼓膜までの部分)、鼻翼(鼻の外側の両脇部分)鼻前庭(外鼻孔から2cmほど奥の鼻毛が生えてる部分)、おへその周り、デリケートゾーン(外陰部と肛門の周り)です。
そして、アポクリン腺はワキガの人にだけ存在するのではなく、すべてのヒトのカラダの特定の部位に分布しています。ワキガのある人、ない人がいる理由は、アポクリン腺の数が多い、アポクリン腺から分泌される汗の量が多いことです。
また、ワキガが発生する部位が人によって異なる理由もそれと同じで、アポクリン腺の多い部位、アポクリン腺から分泌される汗の量が多い部位にワキガが発生します。さらに、偏った食生活がアポクリン腺から分泌される汗の成分に影響し、臭いを強くすることもあります。

アポクリン腺についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください。

すそわきがに効果的な対策~セルフケア編~

面倒でもケア頑張ることがを大事!

面倒でもケア頑張ることがを大事!

日常生活の中ですそわきがの臭いを改善する為に必要なことについて確認していきましょう。

デリケートゾーンは清潔に

すそわきがセルフケアの基本は、デリケートゾーンを常に清潔にしておくことです。経血やおりものの臭いとアポクリン腺から分泌される汗の臭いが混ざると、余計臭いがひどくなってしまいます。

ビデでデリケートゾーンを洗う

本来、ビデは膣内を洗浄する目的のものですが、家庭用のウォッシュレットに付属しているビデは、外陰部を洗浄する為のものです。膣内を洗浄しすぎると、膣の持つ自浄作用を損なってしまう恐れがあります。膣の自浄作用が損なわれると、臭いがひどくなる以外にも、膣内に雑菌が繁殖しやすくなり、深刻な婦人科系の病気になってしまうこともあります。家庭用のウォッシュレットに付属しているビデで外陰部を洗浄するだけならその心配はありません。膣内を洗浄する携帯用ビデは、生理が終わった後など、特別な時にだけ使用するようにしましょう。日常的に使うと膣の持つ自浄機能が低下してしまいます。ウォッシュレットに付属しているビデも、水圧を弱くして洗うことと、家庭内以外のトイレについているウォッシュレットには、どのような雑菌がついているかわからないので、外出先で使うのは避けるのが得策だと思います。

デリケートゾーン専用のウエットティッシュを使う

仕事先や外出先ではウォッシュレットのビデが使えない時には、デリケートゾーン専用のウエットティッシュが便利です。

下着をこまめに取り換える

下着はそれほどかさばるものではないので、仕事や外出先にも持ち歩けます。

蒸れない下着やパンツを選ぶ

通気性の悪い素材のショーツは、デリケートゾーンを蒸れた状態にしてしまいます。蒸れると雑菌が増殖しやすくなり、臭いもひどくなります。綿、シルクなどの通気性の良い天然素材の下着を選びましょう。

おりものシートを使用する

下着への臭い移りを防げます。ただし、通気性の良いタイプを選ばないと、却って蒸れてニオイがひどくなり、逆効果になる恐れもあります。

入浴は就寝前にする

臭いを強くするアンモニアは、乳酸が溜まっている状態だと濃くなります。就寝中には大量の汗をかくので、就寝前にゆっくり時間をかけて入浴すると、血液とリンパ液の循環が促され、昼間の活動で溜まった乳酸が減少します。睡眠中には大量に汗をかくので、朝シャワーに入った方が臭いが軽減できると思われるかもしれません。しかし、出がけのシャワーでは、血液やリンパ液の循環が促されないので、汗の濃度が濃いままに出かけることになってしまい、臭いを強くしてしまいます。

デオドランドクリームを使う

すそわきがの臭いにはワキガ専用のデオドランドクリームが効果的です(デリケートゾーンにも使用可能と記載のあるもの)
ワキガ専用のデオドランドクリームとは、汗を抑える成分、抗菌・殺菌成分、臭いを抑える成分に加えて、雑菌の餌となる皮脂の過剰分泌を抑えるための保湿成分が配合されています。そしてデリケートゾーンや脇の下など敏感な部分に使う為、低刺激性の成分だけが使われており、香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、酸化防止剤などは添加されていないので安心して使えます。
使い方は、入浴後とお出かけ前に、粘膜部分を避け、陰毛部分を中心に塗り込むだけです。
ワキガの臭いを発生させる雑菌は、就寝中に繁殖するので、就寝前に入浴し、清潔な皮膚に塗ると効果的です。また、出かける前にも使うことで、日中の臭いの発生を抑えられます。仕事先や外出先でニオイが気になった時にも使えます。

デリケートゾーン専用の石鹸を使う

デリケートゾーン専用の石鹸には、デリケートゾーンに石鹸成分や摩擦による刺激を与えないような特徴があります。

弱アルカリ性の石鹸を使う

デリケートゾーンは、身体の他の部分に比べて皮膚が薄く、粘膜の部分もあります。また、デリケートゾーンには自浄作用がある為、弱酸性に保たれています。その為、アルカリ性の身体を洗う石鹸で洗うと、刺激が強すぎて沁みて痛みを感じることもあります。その為、デリケートゾーン専用の石鹸は、弱アルカリ性です。

保湿効果の高い石鹸を使う

せっけんの洗浄力によって、皮膚が乾燥してしまい、自浄機能が低下し、臭いがひどくなることもあります。その為、デリケートゾーン専用の石鹸には、保湿成分が配合されています。

泡立ちの良い石鹸を使う

デリケートゾーンには身体の他の部分と違って凹凸があり、汚れが取り除きにくいという問題があります。汚れを取る為にしっかり洗えば、摩擦で薄い皮膚や粘膜にダメージを与えてしまいます。その為、デリケートゾーン専用の石鹸は泡で隅々まできれいにできるように泡立ち良く作られています。

消臭・抗菌・殺菌成分配合のされている石鹸を使う

デリケートゾーンの臭いを抑える、臭いのもとともなる雑菌の繁殖を抑える効果のある成分が配合されています。

食事や生活習慣を改善する

すそわきがの臭い対策のためには、食生活や生活習慣の見直しも必要です。

食生活
動物性たんぱく質や、匂いの強い食物は、すそわきがの臭いを強くする可能性があります。


生活習慣
臭いが気になると、ついスカートよりパンツを選んでしまいますが、身体に密着するタイトなパンツスタイルはデリケートゾーンの通気性を悪くします。通気性という観点から考えると、パンツよりスカート、タイトなパンツよりゆったりしたパンツが理想的です。

すそわきがに効果的な対策~クリニックでのケア編~

クリニックでのケア方法を女医が紹介

クリニックでのケア方法を女医が紹介

すそわきがの対策方法には、セルフケアの他に、専門家によるケアを受ける方法があります。

クリニックでのすそわきがの治療方法

高周波や超音波、電気針などで毛根を破壊する治療法の他に、ボトックス注射による治療があります。

ビューホット
ビューホットという専用の機器でアポクリン腺に高周波をあてて熱変性させ、臭いのもとを取り除きます。シェービング法でとり切れないような強い臭いも、手術直後から感じられなくなります。


ミラドライ
マイクロウエーブを照射してエクリン汗腺とアポクリン汗腺を破壊してすそわきに臭いを取り除きます。


ペアドライ
高密度焦点式超音波療法という顔のたるみ治療にも使われる超音波をアポクリン線に照射するウルセラドライの施術後、ビューホットで高周波をあてるという方法です。


電気凝固法
マイクロニードルという電気針を使って毛根に高周波を流し、毛根、アポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺を熱破壊する方法です。治療直後から効果が感じられます。ただし、2~6回施術を受ける必要があります。また、治療後、陰毛が生えてこなくなる、又は薄くなる可能性があります。


ボトックス注射
アポクリン汗腺とエクリン汗腺の働きを抑制する注射です。数回繰り返して治療を受ける必要があります。

すそわきがの手術

ワキのワキガの手術と違い、すそわきがの手術は種類が限られている上に、施術をするクリニックも多くはありません。

超音波メスによる手術
皮膚を5ミリ程度切り開き、その部分に超音波メスを挿入してアポクリン腺を壊します。術後2~3日は傷口を固定し、傷口が剥がれないようにするタイオーバー固定をし、2週間後に抜糸します。傷跡は1年程度で目立たなくなります。


シェービング法
皮膚を1センチ程度切り開き、専用の吸引機でアポクリン汗腺を削り取ります。40分程度で施術が終わり、その後24時間固定、1週間後に抜糸します。ただし、重度のワキガの場合には、臭いがとり切れない場合があります。

VIO脱毛

デリケートゾーンの脱毛で、蒸れによる雑菌の繁殖を防ぎ、臭いを軽減する方法です。ただし、脱毛だけですそわきがが治るわけではありません。

正しいケアで臭い対策を!

臭いが気になると、それを解決しようといろいろなことをしてしまいますが、臭いをひどくしてしまうこともあります。
デリケートゾーンを洗浄力の強い石鹸ごしごし洗う、脇用のデオドランドクリームを使う、膣洗浄をするなどは、却って状態を悪化させてしまいます。デリケートゾーンはその名の通り、繊細な部位なので丁寧なケアをしましょう。
すぐに効果が現れなくても、正しいケアを続けていくことが大切です。

すそわきがの手術等についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください。

この記事を書いた人

臭いラボパートナー編集部

医師監修と言われている情報でさえも信憑性が低いものがある昨今、臭いラボパートナー編集部が信頼性の高い情報を発信します。
体臭や口臭など臭いに関することなら幅広く何でも紹介。

関連するまとめ

出先でできる脇の臭い対策4選

夏に涼しくてかわいいノースリーブでショッピング。ふとした瞬間「ウッ…臭う…」そんな経験ありませんか?出先で急…

r.t / 1013 view

母乳のにおいが臭い原因は食事だけじゃない?乳児への影響は?

母乳のにおいは何故臭くなってしまうのか?母乳が臭いと赤ちゃんは飲まないのか?また、母乳が臭い時に赤ちゃんへ飲…

スメハラ対策の悲惨な末路!名誉毀損で裁判沙汰にされてしまう?

スメハラ対策でニオイを指摘したら訴えられた!なんて話を聞いたことありませんか?スメハラは被害者も加害者側にと…

okada / 1572 view

関連するキーワード

臭いラボパートナー編集部

医師監修と言われている情報でさえも信憑性が低いものがある昨今、臭いラボパートナー編集部が信頼性の高い情報を発信します。
体臭や口臭など臭いに関することなら幅広く何でも紹介。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング