汗対策として制汗スプレーなどの制汗剤を使用することが多いと思いますが、自分の身体や臭いに相性の良くない制汗スプレーなどを使ったりしていませんか?
制汗スプレーの種類や効果、使い方をあまり理解せず使用し、そのせいで効かないと感じている男性も多いのではないでしょうか。
ここではそんなメンズ制汗スプレー等の選び方、効果的な使い方を紹介していきます。

制汗スプレーって汗にもニオイにも効果があるの?

汗は皮膚にあるエクリン腺、アポクリン腺という2種類の汗腺から分泌されるのですが、エクリン腺から分泌される汗は99%以上が水分で最初はほぼ無臭なのです。アポクリン腺から分泌する汗も最初はほぼ臭いません。
ですが汗に含まれた皮脂や老廃物は、放っておくと皮膚に存在する皮膚常在菌の栄養となり、皮脂や老廃物を分解しながら繁殖していくことで汗臭いニオイが発生してしまうのです。
その汗の分泌を抑える効果のあるスプレーが制汗スプレー(制汗剤)で、汗の臭いを抑える効果のあるものがデオドラント剤といったように分類されています。

制汗剤とデオドラント剤の違い

制汗スプレーは汗を抑える効果、デオドラント剤は臭いを抑える効果と上記で記載しましたが、最近はメンズ、レディースに限らず、制汗スプレーでもデオドラント効果のある成分が配合されている制汗デオドラントが増えてきているので制汗剤とデオドラント剤の区別が付きにくくなっているのが現状です。
制汗をメインとしているものとデオドラントをメインとしているものを判別するためには、配合されている成分名や成分のもつ効果をチェックしておくことが大事です。

制汗剤

収れん作用。制汗剤の制汗成分が汗の出口を引き締めたりフタをしてブロック。(成分詳細は下記)

収れん作用。制汗剤の制汗成分が汗の出口を引き締めたりフタをしてブロック。(成分詳細は下記)

■主な制汗成分■
・塩化アルミニウム
・クロルヒドロキシアルミニウム
・パラフェノールスルホン酸亜鉛
・硫酸アルミニウムカリウム(ミョウバン)

これらの成分が有効成分として記載されている場合は制汗剤と言えます。
タンパク質を変性させて組織や血管を引き締めることで肌を引き締め、汗腺を塞ぐことで汗や皮脂の分泌を防ぐ収れん作用や、汗腺や皮脂腺の中にあるタンパク質と結合して凝固することで汗腺に角栓を作って蓋をする作用があります。
また上記のような成分が有効成分として記載されているものは容器や箱に「医薬部外品(薬用、薬用化粧品)」と表記もされており、薬機法(医薬品医療機器法)において分類される「化粧品」よりも効果、効能に有効な成分が一定の濃度で配合されているとして厚生労働省に認められたものとなります。

デオドラント剤

デオドラント剤の有効成分(殺菌成分)がニオイ菌を撃退、殺菌している。(成分詳細は下記)

デオドラント剤の有効成分(殺菌成分)がニオイ菌を撃退、殺菌している。(成分詳細は下記)

■主な殺菌成分■
・銀イオン
・塩化ベンザルコニウム
・イソプロピルメチルフェノール
・シメン-5-オール
・グリチルレチン酸

これらの成分が有効成分として記載されている場合はデオドラント剤と言えます。
主に黄色ブドウ球菌、ジフテロイド菌などのニオイを発生させる元となる菌を殺菌、抗菌することでニオイ菌の発生を防ぎます。
上記と同じく有効成分として記載されていれば「医薬部外品」の分類に該当します。

最近の制汗スプレーにはこれらの制汗成分、殺菌成分の両方が有効成分として配合されているものが多くなっているので、その場合は両方の効果を兼ね備えているといえます。

制汗剤は香りにも注意して効果的に使おう

制汗、殺菌成分の両方の効果がある制汗スプレーが増えてきているとはいえ、制汗のみのスプレー、殺菌効果もあるが制汗に特化したスプレーなどもあります。
体質や体臭によっては香料タイプと無香料タイプの選定を間違えてしまうと臭いが悪化して女子からドン引き…なんてことも。

制汗剤を極めるものは女子の嗅覚を制す。

こんな格言はありませんが制汗剤の特色を理解しておくだけで女子へのイメージは変わってくると思います。
まずはそういった制汗剤についてみていきましょう!

脇シュータイプ

いわゆるスプレータイプのもので脇にシューっと噴きつけるタイプの制汗スプレーです。
広範囲に使用可能でパウダースプレータイプなどもあり、サラサラした肌触りやひんやりとした効果を得ながら汗を抑えたい人におすすめです。
そのほか、手を汚さずに片手で広範囲へ手軽にできるので面倒くさがりな人にもおすすめです。

おすすめの商品

レセナ ドライシールド[医薬部外品]

レセナ ドライシールド[医薬部外品]

レセナ ドライシールド[医薬部外品]

香りの種類が豊富でパウダーが汗に溶け、ジェル状になって汗腺を塞いで汗を抑えるタイプ。有効成分がクロルヒドロキシアルミニウムのみなので純粋に汗を抑えたいという人におすすめ。
また消臭効果がないため、臭いも気になる人は汗の臭いと混ざらないように無香料がおすすめ。

AXEアックス ドライデオドラントスプレー [医薬部外品]

AXEアックス ドライデオドラントスプレー [医薬部外品]

AXEアックス ドライデオドラントスプレー [医薬部外品]

有効成分がクロルヒドロキシアルミニウムの制汗のみのスプレー。
「アブソリュート」やさしいクールフローラルの香り。「ワールドピース」おだやかなフレッシュウッディーの香り。「フルコントロール」ぴりっとしたジンジャーシトラスの香り。といった3種類から選べるので爽快感のある香りを漂わせつつ汗を抑えたい人におすすめ。

シーブリーズ デオ&ウォーター [医薬部外品]

シーブリーズ デオ&ウォーター [医薬部外品]

シーブリーズ デオ&ウォーター [医薬部外品]

有効成分として制汗効果のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛と殺菌効果のある塩化ベンザルコニウムが配合されているので制汗とデオドラントの両方を兼ね備えた制汗デオドラントです。
肌をサラサラに保つパウダー配合の液体を、手にとって直接肌になじませていくタイプです。殺菌効果もあるため、スポーツ後などの汗の臭いを抑え、サラサラした清涼感を得たい時にもおすすめ。

Ban 汗ブロックロールオン[医薬部外品]

Ban 汗ブロックロールオン[医薬部外品]

Ban 汗ブロックロールオン[医薬部外品]

有効成分として制汗効果のあるクロルヒドロキシアルミニウムと殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールが配合されているので制汗とデオドラントの両方を兼ね備えてた制汗デオドラントです。
無香性とせっけんの香りがあり、ロールオンタイプなので手を汚さずに塗れ、汗だけではなく臭いも抑えることができます。また、Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベルといったゴールドのパッケージもあり、こちらは制汗力が更に強化されているので念入りに汗と臭いのケアをしたい人にもおすすめ。少し女性的なデザインですが男性でも使えます。

クリームタイプ

クリームタイプの制汗剤は直接肌に塗り込むのでスプレータイプなどよりも効果が高いものが多く持続力もあります。手で塗ることになるので手が汚れてしまうのが難点ですが部分的に強めの汗対策をしたい人はクリームタイプがおすすめです。
※手が汚れないスティックタイプもあります。

8×4ワキ汗クリームカプセル[医薬部外品]

8×4ワキ汗クリームカプセル[医薬部外品]

8×4ワキ汗クリームカプセル[医薬部外品]

有効成分として制汗成分のクロルヒドロキシアルミニウムと殺菌成分のβ-グリチルレチン酸が配合されているので制汗とデオドラントの両方を兼ね備えた制汗デオドラントです。
カプセルで分けられており、1回1カプセル(両ワキ分)といった使用タイプで6個入りなのですぐに無くなってしまいますが、急に必要になった際や、大事なとき用に携帯しておくと便利ですね。

デオドラント剤の種類と、効果的な使い方、おすすめ商品

デオドラント剤は制汗剤とは違って臭いを抑えることを目的としています。
無香料と香料の2タイプあり、それぞれのメリットとして無香料は香水を重ねても邪魔にならないので自分の好きな香水をつけることができます。香料のあるタイプはそれ1つでマスキング(香水)効果がありますが、ワキガなど臭いのキツイ人は香料とワキガ臭が混ざって悪臭になることもあるので無香料がおすすめ。

脇シュータイプ(スプレータイプ)

エージーデオ24 メンズデオドラントスプレー

エージーデオ24 メンズデオドラントスプレー

エージーデオ24 メンズデオドラントスプレー

ブランド名がAg+からエージーデオ24にリニューアルされましたがデオドラント剤としてとてもメジャーなブランドです。有効成分は殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールでその他、銀含有アパタイト(さらさらパウダー)なども配合されています。
無香料タイプとほか3種類の香料タイプがあり、スポーツ後などの汗で臭いが気になり、ベタついた身体を爽快にしたい人におすすめ。

ギャッツビーデオドラントスプレー[医薬部外品]

ギャッツビーデオドラントスプレー[医薬部外品]

ギャッツビーデオドラントスプレー[医薬部外品]

有効成分が殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールと制汗効果のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛なので制汗とデオドラントの両方を兼ね備えた制汗デオドラントです。
2種類のクールキープ成分が配合されて氷冷感のあるアイスタイプと汗、皮脂を吸収するスムースドライパウダー配合でサラサラ肌になるパウダータイプがあります。
爽快感、氷冷感を長く感じたいならアイスタイプ(3種類)、サラサラした状態をキープしたいならパウダータイプ(5種類)がおすすめ。

シートタイプ

シートタイプは汗を拭き取ると同時に臭いの元である皮脂や雑菌を取り除くことできます。気軽に持ち歩くことができ、いつでもどこでも使用できるので体臭や汗の臭い対策をしたい男性たちには必須アイテム。
ただし、汗を拭き取る際に必要以上にゴシゴシと擦ってしまうと、過剰に皮脂を取ってしまったり、肌に必要な菌まで減少させてしまい、逆効果で臭いが悪化してしまうことがあるため使い方には注意が必要です。

ギャッツビー バイオコア デオドラントボディペーパー[医薬部外品]

ギャッツビー バイオコア デオドラントボディペーパー[医薬部外品]

ギャッツビー バイオコア デオドラントボディペーパー[医薬部外品]

有効成分が殺菌効果のあるトリクロサン、イソプロピルメチルフェノールと制汗効果のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛なので制汗とデオドラントの両方を兼ね備えた制汗デオドラントです。中でもイソプロピルメチルフェノールが高配合なので殺菌力に長けています。無香料なのでとにかく汗や男くさい臭いを抑えたい人におすすめ。
同シリーズで氷冷感のあるアイスタイプやさらさらパウダー配合タイプもあります。

メンズビオレ 薬用デオドラントボディシート[医薬部外品]

メンズビオレ 薬用デオドラントボディシート[医薬部外品]

メンズビオレ 薬用デオドラントボディシート[医薬部外品]

有効成分が殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールのデオドラントシートです。
メントール配合のフレッシュライムの香りで冷却感と爽快感を同時に得ることができるので臭いを抑えつつ冷却感を重視したい人にはおすすめ。冷却感が苦手な人や肌が弱い、敏感肌の人には刺激が強く感じてしまうかもしれないので注意が必要です。

その他のおすすめ商品

臭いの発生源は身体の内部、腸内、身体の表面などさまざまで、それらが合わさることでより強い悪臭を放ってしまうようになります。
汗だけではなく汗の臭いや体臭も同時に抑えたい人はサプリメントなども同時に併用することで、より効果的に抑えることができます。

デオシークサプリ

デオシークサプリ

デオシークサプリ

柿渋エキスや緑茶エキス、シャンピニオンエキス、デオアタックなどで体臭の元に身体の内部から働きかけることができ、体臭、口臭予防に繋がります。
また同ブランドのデオシーククリームはワキガや加齢臭にも効果があり制汗力、殺菌力ともに優れた効能をもっています。

メンズデオ8400

メンズデオ8400

メンズデオ8400

デオアタックやシャンピニオンエキス、柿渋エキス、緑茶エキス、フラクトオリゴ糖などもが多く含まれており、コスパも良く体臭、口臭予防サプリとして男性からの評価も高いです。

↓↓更に詳しいサプリメント詳細はこちら↓↓

まとめ

男性は女性よりも皮脂の分泌が多いこともあり、汗と混ざって悪臭を発しやすい傾向にあります。メンズ用の制汗スプレー、クリーム、シートなど状況や体質にあった使い方をすることで、汗や臭いはかなり軽減させることができます。
しっかりと対策をして、汗や臭いが気にならない快適な時間を過ごしていきましょう!

この記事を書いた人

okada

人生楽あり苦あり。苦が9割。楽が1割?楽の割合を増やすために精進しております。

関連するまとめ

男の汗対策①男性用の脇汗パッドを選ぶときのポイント!

メンズ用脇汗パッド選び。汗をかく季節になると、気になるのがYシャツやTシャツの脇部分の汗による変色(汗ジミ)…

okada / 2263 view

制汗剤の種類と効果を徹底解説!きちんと選んでもう悩まない

制汗剤にはスプレーやロールオンなど、さまざまなタイプがあります。でも、どれが自分に合ったタイプなのか、悩んで…

岸田茉麻 / 1103 view

脇汗対策!適切なインナー(レディース)の選び方とおすすめ

ひどい脇汗で衣服に汗染みができてしまったり、脇汗のニオイを気にして落ち着かないあなた!インナーの選び方によっ…

岸田茉麻 / 1546 view

関連するキーワード