制汗スプレーは国内線と国際線の飛行機に持ち込み可能?

空港の国内線で制汗スプレーを機内に持ち込んでいいのかどうか悩んでいる男性

汗を抑えて清潔感をキープしてくれる制汗スプレー。普段から使っている方は、旅行先や出張先にも当然持っていきたいところですが、「スプレーって飛行機に持ち込めるんだっけ?」と不安な人も多いですよね。
国内線と国際線で違いはありますが、どちらも条件をクリアすれば機内への持ち込みが許可されています。持ち込み条件を正しく知って、快適な旅行に役立ててくださいね。

国内線で制汗スプレーを持ち込みできる条件とは?

空港の国内線で制汗スプレーを機内に持ち込んでいいのかどうか悩んでいる男性

まずは国内線の制汗スプレーの持ち込み条件を見てみましょう。

国内線の飛行機で制汗スプレーを持ち込むには、

●容器0.5kgまたは0.5L以下
●合計が一人につき2kgまたは2L以下

の両方を満たしていることが必要です。これはANA・JALをはじめ、LCCの航空会社でも基本的に同様です。
なお、スプレーは荷物の中で誤って噴射されないよう、蓋や噴射のボタンを覆う等の工夫をしておきましょう。

国際線で制汗スプレーを持ち込みできる条件とは?

空港の国際線で機内に制汗スプレーを持ち込みたいと考えている男性
続いて国際線の飛行機の持ち込み条件を見ていきましょう。
国際線では、液体物の機内持ち込みにあたり次のような条件が課されています。

●100mL以下の容器に入れること
●100mL以下の容器に入れた液体物は、1L以下のジッパー付き透明プラスチック袋にまとめて入れること
●透明プラスチック袋は一人につき1つのみ

スプレーも液体物として扱われるので、上記の条件を満たさなくてはいけません。
つまり、制汗スプレーを国際線の機内に持ち込むには、100mL以下の容器に移し替えるかあらかじめ100mL以下のサイズの商品を持ち込むかという工夫が必要になります。

ミニサイズの制汗スプレーがおすすめ!

移し替えはスプレーの場合難しいので、小さなパッケージの商品を持って行くほうが現実的かもしれません。
50g程度の容量の制汗スプレーも販売されていますので、ぜひそういったものを選んでみてはいかがでしょうか?

空港内のショップや免税店で購入した場合は?

空港内の免税店で制汗スプレーを購入している男性
出国手続きを終えた後、空港内のショップや免税店で購入する場合は、100mLを超える大容量の制汗スプレーでも持ち込みが可能です。

少し荷物は増えてしまいますが、空港内で制汗スプレーを見つけることさえできれば確実に持ち込みができるので、「どうしても手元に置いて持っていきたい」という人にはおすすめの方法です。

不安なら預け入れをする

空港の貨物室に制汗スプレーを預けている男性
飛行機の中は空調が効いていることが多いですし、国内線であれば最長でも3時間程度のフライトですので、持ち込みが不安な方は預け入れをするのがおすすめです。
「制汗スプレーは預けて、機内には制汗シートやクリームを持ち込む」というのも良いかもしれません。

まとめ:条件が厳しいが持ち込みは可能!

国内線では「1容器0.5kg(L)以下で合計2kg(L)以下」
国際線では「100mL以下の容器をジップロックに入れる」

という条件がそれぞれありますが、制汗スプレーの機内持ち込みは国内線・国際線ともに可能です。
とはいえ、持ち込める量の制限はあるので、なるべく長時間効果の持続する制汗スプレーをフライト前に使用し、大きめのスプレーは預け入れをするのが確実。自分なりの工夫をしてみてくださいね。

関連記事

  1. 脇汗の効果的な対策は?ドラッグストアで買えるおすすめグッズ8種

  2. 制汗剤の種類と効果を徹底解説!きちんと選んでもう悩まない

  3. 脇汗がひどい原因はワキガや多汗症?すぐ止める方法は?

  4. 制汗剤のロールオン・スティックタイプ!メンズ用おすすめ16選

    制汗剤のロールオン・スティックタイプ!メンズ用おすすめ16選

  5. 脇汗パットのおすすめ12選!選び方と効果的な使い方

  6. 今すぐ汗を止める方法!即効性がある緊急時の汗対策