柿渋(タンニン)成分が配合されたボディソープは加齢臭、ワキガなど様々な体臭改善に効果が期待できると言われています。でも実際にどれほどの消臭効果あるの?柿渋成分配合のボディソープって沢山あるからどの商品を選べばいいの?って思ってしまいますよね。ここでは商品を選ぶポイントやオススメの柿渋入り商品を紹介します。

柿渋の消臭効果とは!?

柿渋ってその名の通り渋いイメージなのにニオイを消す効果なんて本当にあるの?って疑問に思ったりしませんか?どんな仕組みでニオイを消してどれぐらいの消臭効果があるのでしょうか。

柿渋とは?

柿渋と聞くとまずあのオレンジ色の柿をイメージしますよね?日本昔ばなしや童話で有名なさるかに合戦で出てくるあの柿です。

柿にも甘柿や渋柿などの種類がありますが、消臭効果があるとされボディソープや消臭グッズなどに配合されているのはこの渋柿を未熟なまま圧搾した汁液を熟成、発酵させることで得ることができる液体です。
その中にカキタンニンという成分が高濃度で含まれており、このカキタンニンがワキガや体臭、加齢臭に対して優れた効果がある成分として広く知られています。

柿渋(カキタンニン)の消臭効果

カキタンニンはポリフェノールの一種(フラボノイド系タンニン)でカキポリフェノールと呼ばれることもあります。

ポリフェノールには加齢臭対策には必須な高い抗酸化作用・活性酵素を除去する作用がありアンチエイジング(抗老化)対策にもなるほかアトピー性皮膚炎・シミやシワ・動脈硬化・痴呆症・脳梗塞・心筋梗塞・糖尿病・癌などの予防・改善効果があるとされています。



こうして見てみるとまるで万能薬ですね。



フラボノイド系のタンニンとして茶タンニンやワインタンニンなど有名ですがカキタンニンは緑茶の70倍、ワインの20倍以上とも言われ、ノロウイルスを撃退できるとされているほど強い抗菌作用があると言われています。

そのためワキガ、汗のニオイである酢酸やアンモニア臭、足のニオイ成分のイソ吉草酸、加齢臭のニオイ成分であるノネナールなどに対する消臭・殺菌・静菌効果が注目されているのです。

その他では防虫・防腐・防水・防カビ効果なども認められておりカキタンニンはとても幅広い分野で認められています。

お肌への影響は?

柿渋はワキガ、体臭、加齢臭対策としてだけではなく広い分野で様々な効果があることはわかりましたが、ボディソープに配合されることで身体にどのような影響があるのか気になりますよね?
柿渋(カキタンニン)単体で考えると天然の成分で昔から多岐にわたって使用されていることからわかるとおり副作用などの危険性は無いとされています。
ですが大抵のボディソープは成分表示を見てみると聞いたことのないような名称の成分なども含まれています。
こういった成分との相性次第では肌に悪影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。

柿渋入りボディソープを選ぶポイント

柿渋入りボディソープといっても沢山の種類があってどれが1番良いのかわからないですよね。ネットの口コミなどを見ても様々な商品が挙げられています。
商品を選ぶ際におさえておきたいポイントを幾つか挙げておきます。

カキタンニンの配合量

柿渋入りのボディソープを購入するつもりならば何よりもまずこのカキタンニンの配合量は重要。
商品の箱や容器に記載されている商品カテゴリや成分表をチェックすることが大事です。

カテゴリが化粧品や記載がない全成分が含有量の多い順に記載されているのでカキタンニンの表示順位を確認。
医薬部外品(薬用)と記載がある成分表示は順不同なので含有量は不明(記載がある場合も)ですが厚生労働省に許可された有効成分が一定以上配合されています。

カキタンニン以外で消臭(殺菌・抗菌)効果のある成分

グリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノールなどが配合されていると殺菌・抗菌力があるので雑菌の繁殖を抑え、ワキガの原因菌と言われるジフテロイド菌や加齢臭のニオイ成分ノネナールなどが原因の強い臭いを抑えるのに効果的。
その他、天然成分としてヨモギエキスやドクダミエキス、クロロフィル、アシタバエキス、ビワ葉エキス、ヒアルロン酸、コラーゲン等があれば美肌、保湿にも効果的です。

医薬部外品(薬用)と記載のあるもの

必ずしも医薬部外品の方が良いとは言えませんが、成分のことは専門的過ぎてややこしくわからない!といった感じならば医薬部外品を選んでおくほうが良いと思います。
医薬部外品とはある目的に対する効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているとして厚生労働省から認められているものです。

おすすめのボディソープ

柿渋が入ったボディソープは数多くありますが、その中でも特におすすめ出来る柿渋入りボディソープを紹介します。

柿のさち 薬用柿渋ボディソープ

薬用柿渋ボディソープの画像

薬用柿渋ボディソープの画像

商品紹介 柿のさち 薬用柿渋ボディソープ
分類 医薬部外品
価格 2,000円(税抜き)
内容量 450ml
有効成分 殺菌成分:シメンー5-オール(イソプロピルメチルフェノール)
商品説明 有効成分として殺菌効果のあるシメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノールと同成分)が含まれています。
カキタンニンのほか、茶エキス・セージエキス・ローズマリーエキスなどの保湿成分が配合されている。メントール配合のシトラスムスクの爽やかな香り。

太陽のさちEXストロング 薬用ボディソープ

太陽のさちEXストロング 薬用ボディソープの商品画像

太陽のさちEXストロング 薬用ボディソープの商品画像

商品紹介 太陽のさちEXストロング 薬用ボディソープ
分類 医薬部外品
価格 498円(税抜き)
内容量 400ml
有効成分 殺菌成分:イソプロピルメチルフェノール
商品説明 株式会社マックスの太陽のさちシリーズ。
有効成分として殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールでニオイの原因菌を殺菌。
柿渋エキスと皮脂汚れを吸着する炭でダブルの効果で皮フを綺麗に保ち、ニオイのしない健康な肌へと導いてくれます。スパイシーシトラスの香り。

トップバリュ 薬用柿渋ボディソープ

トップバリュ 薬用 柿渋ボディソープ

トップバリュ 薬用 柿渋ボディソープ

商品紹介 トップバリュ 薬用柿渋ボディソープ
分類 医薬部外品
価格 550円(税抜き)
内容量 500ml
有効成分 殺菌成分:イソプロピルメチルフェノール
商品説明 イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の柿渋ボディソープ。 有効成分として殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールが配合。 楽天やamazonなどでも安価で売られており、手にしやすい柿渋入りボディソープの一つ。

薬用アロマティックリキッドソープ 柿渋

薬用アロマティックリキッドソープ柿渋の商品画像

薬用アロマティックリキッドソープ柿渋の商品画像

商品紹介 薬用アロマティックリキッドソープ 柿渋
分類 医薬部外品
価格 1,100円(税抜き)
内容量 620ml
有効成分 殺菌成分:トリクロサン
抗炎症成分:グリチルリチン酸ジカリウム
商品説明 有効成分として殺菌効果のあるトリクロサン、抗炎症効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症、だけではなく抗アレルギー作用などもありニキビ予防、育毛剤などにも配合されることが多いです。
カキタンニンのほか、アセンヤクエキス、ウイキョウエキス、ショウキョウチンなどが配合されており、オレンジジンジャーの香りでアロマ要素も取り入れたニオイケアができる。

SOC 薬用柿渋ボディソープ

SOC 薬用柿渋ボディソープの画像

SOC 薬用柿渋ボディソープの画像

商品紹介 SOC 薬用柿渋ボディソープ
分類 医薬部外品
価格 1,026円(税抜き)
内容量 800ml
有効成分 殺菌成分:イソプロピルメチルフェノール
商品説明 有効成分として殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールが含まれています。
カキタンニンのほか、緑茶エキス(チャカテキン)などが配合されており、フルーティーフローラルな爽やか香り。

あわせてこんな記事も参考にしてみてください。↓

柿渋入りボディソープはアトピー性皮膚炎でも使って大丈夫?

殺菌力のある柿渋のボディソープを使ったら肌が弱いアトピー肌や敏感肌だと悪化するんじゃないの?と思う人も居るかもしれません。 その考え方は間違えてませんよ。
アトピー性皮膚炎は今の医学をもってしてもまだ解明されていないことが多く、明確な治療法は確立されていません。
ただ、アレルゲンやストレス等のいろいろな要因が重なることで「皮膚のバリア機能」が弱まってしまっている状態だと言われています。
そして、弱酸性の皮膚が健康と言われている中、アトピー性皮膚炎の肌はアルカリ性に偏りやすいため、抵抗力や殺菌力なども弱まってしまっている状態です。
さらにアルカリ性寄りの肌はニオイの原因菌でもある黄色ブドウ球菌などの細菌にとって住みやすい肌環境なので繁殖しやすくなっています。

柿渋はこういった黄色ブドウ球菌などの雑菌も殺菌する働きがあるためアトピー肌に対しても効果的といえますが、柿渋だけではなく保湿成分もしっかりと配合されたボディソープ選びが重要となってきます。
乾燥してカサカサになってしまっているアトピー肌には保湿はとても大事なので、アトピー性皮膚炎で柿渋入りボディソープを使いたいと考えている人は、保湿成分もしっかりと配合されたものを選ぶようにしましょう。

保湿成分配合の柿渋入りボディソープで体臭ケアをましょう!

いかがでしたか?柿渋入りのボディソープといってもその他の配合成分が違うだけで肌触りや香りはもちろん体臭に対する消臭効果も変わってきます。
ワキガや加齢臭、その他の体臭に悩む人にとって身体全身をケアするボディソープ選びはとても重要となってきます。
自分の体質にあった柿渋入りのボディソープを見つけてニオイのコンプレックスから解放されましょう。
併せてサプリなどで身体の内側からのニオイケア、デオドラントクリームで直接的なニオイケアをしていくことでより効果的な体臭ケアができますよ。

あわせてこちらもの記事も読んでおくといいかもしれません↓

この記事を書いた人

okada

人生楽あり苦あり。苦が9割。楽が1割?楽の割合を増やすために精進しております。

関連するまとめ

脇汗が酷い原因って?脇汗の対策方法とおすすめグッズは?

緊張や運動不足、肥満など脇汗が酷くなる原因はさまざまですが、それぞれの対策法とおすすめの脇汗パッドやインナー…

制汗剤の種類と効果を徹底解説!きちんと選んでもう悩まない

制汗剤にはスプレーやロールオンなど、さまざまなタイプがあります。でも、どれが自分に合ったタイプなのか、悩んで…

岸田茉麻 / 1103 view

多汗症に漢方薬は効果があるの?汗かき体質の人は必読!

自分の意志に反して汗が大量に出てしまう多汗症は漢方薬での治療が効果的って本当?そもそも漢方薬って一体何?汗か…

r.t / 42 view

関連するキーワード